富山県でおすすめの人材派遣会社を紹介!口コミで人気の業者を厳選しました。

派遣社員の3年ルールって?例外はある?無期雇用への転換とは?

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/07/08

3年ルールって?

派遣社員として働き始める前には、気になることがたくさん出てくるかもしれません。なかでも3年ルールについては「どういうものなんだろう?」と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方のために、派遣社員の3年ルールについて解説をしていきます。無期雇用派遣へ転換するメリットやデメリットについてもお話しします。

派遣の3年ルールとは

派遣社員として働くときの期間には、制限が存在します。同じ企業の同じ部署においては、最長でも3年までしか働けないことになっているのです。この事実が、通称で3年ルールと呼ばれています。

その職場や仕事がどんなに気に入っていたとしても、有期雇用派遣社員としては働けるのは3年が限度なので、覚えておくようにしましょう。あくまで同じ職場の同じ部署ですから、課やグループなど部署が変わることがあれば、また3年、受け入れてもらうことが可能です。

ただし、期間中に仕事の内容などが変わっていたとしても、部署の異動がなければ上限は変わりませんので注意しましょう。ちなみにこの3年ルールには、派遣社員のキャリアアップと雇用の安定化を図る、という目的があります。

3年ルールが例外になるケース

派遣社員の3年ルールですが、派遣社員全員に適用される、というものではありません。例外になるケースもあるので、次にそちらを確認しておきましょう。まず、人材派遣会社と無期雇用派遣契約をしている場合です。

こちらの場合では、3年ルールも適用とはなりません。無期雇用派遣とはその名の通り、人材派遣会社と期間を定めずに契約をし、働く仕組みのことです。派遣社員の種類としても、現在注目が高まってきています。

また、60歳以上である場合も、3年ルールの適用対象外となります。そのほか、終了する時期が明確である有期のプロジェクトに派遣されている場合も例外です。

1カ月の勤務日数が通常の労働者の半分以下であり、かつ10日以下であるという条件を満たしている場合にも、3年ルールは適用されません。産休や育休、介護休暇などを取得する社員の代わりに派遣されている場合も例外となるので、覚えておくといいでしょう。

派遣先での勤務が3年経過したあとの選択肢

派遣社員の3年ルールについて概要がつかめたところで、派遣先での勤務が3年を経過したあとのことについても、考えておくことにしましょう。ここでは4つの選択肢を提示していきます。

1つ目の選択肢は、派遣先の企業に直接雇用してもらう、というものです。派遣先の企業から要望があった場合の選択肢となりますが、働き次第で夢ではなくなることでしょう。

2つ目の選択肢は、同じ派遣先の企業の別部署で働く、というものです。3年ルールは先にも解説した通り、同じ企業の同じ部署で働く際のものですから、部署を異動すれば再び3年ルールのもと、働くことができます。

3つ目の選択肢は、別の企業に派遣してもらって働く、というものです。派遣先の企業が変わってしまえば、何の問題もありません。部署異動と同じく、また新たに3年ルールのもと働き始められます。

4つ目の選択肢は、人材派遣会社と無期雇用契約をする、というものです。無期雇用契約はもともと結んでいなかった場合でも、通算契約期間が5年を超えれば、無期転換の申込みができるようになります。

5年を超えていたとしても、自動的に転換となるわけではないので、その点には注意をしておきましょう。制度や条件などは人材派遣会社によっても異なる可能性がありますから、検討している場合には、事前に確認をしておくと安心できます。

無期雇用派遣へ転換するメリット・デメリット

無期雇用派遣への転換には、興味をもつ方も多いでしょう。そんな方のために、無期雇用派遣のメリット・デメリットについても確認をしておきます。まずメリットとしては、収入が安定することが挙げられます。

収入が途切れるタイミングがなくなるためです。もちろん、同じ職場で長期にわたって働けるのも、うれしいポイントとなるでしょう。契約期間がないため、安心して仕事をしていくことにもつなげられそうです。

昇給制度や賞与制度が設けられていることも多いです。反対にデメリットとしては、派遣社員ならではの自由な働き方が実現しにくくなることが挙げられます。

基本的にはフルタイム勤務になるので、時間の自由も効かなくなりますし、派遣先を好きに選ぶことも難しくなります。契約期間も選べないので、気軽に派遣先を変えることもできません。

派遣社員という働き方に魅力を感じていた方にとっては、大きなデメリットとなることが予想されるので、検討の際にはしっかりと、今後どのような働き方をしていきたいのかまで、考えておくのがおすすめといえます。

 

派遣社員の3年ルールについて、理解が深められたのではないでしょうか。先々のことまで知っておけば、新しい働き方に挑戦する不安も軽減させることができそうですね。もちろん、実際に派遣社員として働き始めるなら、人材派遣会社選びについても忘れてはいけません。福利厚生や求人数、サポート力などを比較しながら、必ず自分に合ったところを選ぶようにしましょう。納得のいく就業のためには、この比較検討も重要になります。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

派遣で働きたいけど登録方法がわからない、どんな流れで何を聞かれるかわからなくて不安、などと考えていませんか?この記事では、派遣登録の方法が3種類あることや、当日の大まかな流れを解説します。登
続きを読む
これから派遣社員として働きたいと考えている方のなかには、疑問やお悩みを抱えている方も多いことでしょう。特に同一労働同一賃金については「聞いたことはあるけれどまだ十分理解ができていない…」とい
続きを読む
派遣社員として働き始める前には、気になることがたくさん出てくるかもしれません。なかでも3年ルールについては「どういうものなんだろう?」と疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。今回はそ
続きを読む